犬口臭原因

犬の口臭の原因3つ

口臭がきつい犬

 

愛犬の口臭、気になっていませんか?

 

 

口臭は、口の汚れや口内トラブルが原因なのでは、と思う方が多いと思います。

 

しかし、実は、原因は口に関することだけとは限りません。

 

体の内側、内臓の不調が原因で口臭がきつくなっている場合もあるのです。

 

 

ですから、愛犬の口臭が気になったら、まず「何が原因か」探ってみることが大切です。

 

歯のチェックは、愛犬の健康管理の上で重要なことと言えます。

 

 

まずは、口の汚れや口内トラブルを疑ってみる

愛犬の口臭が気になったら、まずは口の中をチェックしてみましょう。

 

歯に汚れがついていませんか。

 

犬の歯も、人間と同じように歯垢や歯石が付いたり、歯周病や虫歯などの病気にかかります。

 

 

昔の犬と比べて、最近の犬は食事も柔らかいものが多く、おやつなどの間食を与える機会も多くなっています。

 

固いものを食べていれば歯垢も付きづらいのですが、柔らかい餌に加えておやつも与えているとなると、どうしてもどんどん歯に汚れが付きやすくなります。

 

 

人間と比べて、犬は唾液の成分がアルカリ性に傾いています。

 

ですから、食べかすや歯の汚れが酸化することによって進行する虫歯にはなりにくいと言われてきました。

 

しかし、最近では、虫歯や歯周病などの歯のトラブルに悩む犬が増え続けています。

 

 

食をはじめとする環境の変化に、犬が元来持っていた虫歯への耐性が追いつけなくなっている、とも言えるかもしれません。

 

歯の汚れは、口臭の原因となるだけでなく、その汚れがもとで虫歯や歯肉炎・歯周病といった病気にかかりやすくなります。

 

病気が原因で臭いが強くなってきてしまうのです。

 

 

対策としては、愛犬の歯みがきを習慣にする、定期的に口の中や歯をチェックする、手に負えない歯垢や歯石は獣医さんに相談する、といったことがあります。

 

 

口内トラブルでなければ、内臓が原因かも

体の中で起こっている不調、腸内環境の悪化が、口臭の原因となっている場合もあります。

 

人間と同じで、腸の調子が悪いと、口臭が強くなる傾向があるようです。

 

 

腸の調子が悪いと、腸内に本来多くあるべき善玉菌よりも、あまり増えてほしくない悪玉菌が増殖してしまいます。

 

悪玉菌が増えると、腸内のタンパク質や脂肪がうまく分解されずに腐敗して、有害なガスを発生するのです。

 

内臓と口は直結していますから、そのガスが息のニオイを嫌なニオイにしてしまっているのです。

 

 

腸内環境を改善するには乳酸菌が有効、と言われています。

 

ただ、犬と人間の体のつくりは違います。

 

例えば「人間に効くから」と、むやみにヨーグルトなどを与えることは、控えたほうが無難です。

 

 

犬専用の乳酸菌サプリメントなども販売されています。

 

獣医さんに相談の上、与えてみるという方法もあります。

 

 

しかし、体の中のこととなると、素人判断は難しいものです。

 

腸内環境の悪化が原因の場合、餌の食べっぷりや普段の様子に、今までと違うところ、具合の悪そうな兆候は見られないでしょうか。

 

もし、愛犬の口臭が強くなった場合、歯や口の中のトラブルがみつからなければ、動物病院で獣医さんに健康チェックをしてもらいましょう。

 

気付けずにいた病気の発見につながるかもしれません。

 

 

与えている食べ物が原因のことも

にんにくをたっぷり使った料理を食べたり、たくさんお酒を飲んだ日の翌日、口臭が気になりますよね。

 

犬も同じで、食べているものが口臭の原因となっている場合があります。

 

 

腸内に発生する悪玉菌の好物であるタンパク質や脂肪が多く含まれるものや、質の良くないドッグフードを与えていませんか。

 

こういった食品は、強い口臭の原因となりやすいものです。

 

 

犬に必要な栄養素を含むものを適量与えること。

 

これは口臭を抑えるだけでなく、愛犬の適正な体型維持にもつながります。

 

 

口臭は健康のバロメーター

ご紹介した口臭の原因は、どれも愛犬の健康状態と直結しているものです。

 

愛犬の健康について毎日気にかける習慣をつけること、これが口臭を防ぎ、愛犬の健康を守るための一番の早道と言えるでしょう。